更新日2020年09月15日

あかつきのコロナ対策のご紹介

1.指導中の全スタッフがマスク&フェイスシールド着用です。フェイスシールドは、生徒さんの分も全て購入しています。少し室温も上がって来ているので、マスクなし、フェイスシールドのみ着用やマウスシールドの着用も試しています。

 

2.業務で使用するマスクは、大部分の在庫を1つずつ個包装のものに切り替えました。全て使い捨てものを使っています。専属スタッフは1日数回交換しています。

 

3.手指消毒にはアルコールジェル(アルコール濃度70%)を、物品の消毒には次亜塩素酸水(pH=10前後、濃度=100ppmの製品)を使用しています。

4.203室に空気清浄機を1台追加しました。これで203室に2台、201室に1台、合計3台の空気清浄機を入れております。また従来から使用している空気清浄機については、中のフィルターの交換済です。

5.面談や女子クラスの指導で使用する201室のエアコンを新調致しました。203室のエアコンの内部も洗浄済です。

6.入室時には、生徒さん、スタッフ全員に非接触型の体温計による検温を課しております。全指導室とも、指導中は、出入口フルオープンです。

ほんの一部の対策ですがご紹介です。予期せぬ休業期間など、厳しい状況ではありますが、あかつきはこんなときこそ積極経営をと、コロナ休業期間中にここ数年で最大の設備投資をしました。こんなときだからこそ、皆さんの役に立つことをしたい。そんな一心で日々の支援に携わっております。

JR西岐阜駅から徒歩5分。発達障害、知的障害、不登校などで学習に困難を抱えるお子さんたちのための学習支援機関です。塾での指導経験豊富な専門職がお子さんたちの勉強しやすい方法をご提案します。

一般社団法人あかつき心理・教育相談室HP

あのとき、あの場所で、適切な支援者と出会えていさえすればと考えたことはありますか?

 

今からでも遅くはありません。学習の困難を抱えたり、学校へ行けなかったりするのには、「理由」があります。そんなお子さんの成長のお手伝いをするには、まず困難の理由をアセスメント(評価)することからです。このアセスメントとアセスメントに基づいた支援を考えていくのが、私たち心理専門職の仕事です。どんなことでも結構です。まずはご遠慮なく、ご相談下さい。

私たちがこの事業を立ち上げたきっかけは…。

2010年の秋に一人の知的障害を抱えるお子さんとその保護者様と出会ったことでした。何もノウハウがないところから、これまでどれだけの手間ひまをかけてスキルアップし、事業化していったのかをご覧下さい。 →代表者の紹介