「キッズボンド・アドバンス柳森」

学習支援を中心とした放課後等デイサービスです

ここに通うには、1つだけ条件があります。それは「この教室に通うことをお子様自身に決めてもらうこと」。この教室は保護者様に言われて来る施設ではありません。この条件を決めたのには理由があります。

 

それは、学習は「お子様自身がすること」だからです。だから勉強に取り組むお子様自身の意思を無視してはいけないのです。

 

この教室では勉強をすることを強いることは致しません。やるのもやらないのも自由ですが、やらないなら施設の利用をしない事を求められることもあります。それが自由に伴う責任です。

学習を通して、社会で必要とされることを学べます

1.学習を通して、やるべきことを期限を守ってやること。学校の課題への取り組みがそうです。学習の困難があるお子様が、通常学級で出される課題に取り組むことが難しいのは当たり前です。この教室ではディスレクシア児(発達性読み書き障害)や限局性学習症(SLD)児の学習支援を専門とする専門職が常駐し、お子様が学習に取り組みやすいよう、支援を行います。そのために必要なアセスメントツールも揃えて、検査実施も自前でできる体制を整えております。検査実施も予約で長期間お待たせすることはございません。

2.年上、年下、同年代との良好な人間関係をつくること。学習支援を中心にするといっても、周囲との関わりを求めるお子様は多いです。特に同年代のひとたちと良好な人間関係を築いていく力は、学生生活の間だけでなく、社会に出てからも大切なことです。そしてこの「ヨコ」の人間関係を築く前に、まず「タテ(年上・年下)」との人間関係の作り方を実体験を通して学ぶことが大切です。放課後等デイサービスは、様々な年齢層のお子様が通う通所施設です。通所後2回目以降の個別支援計画では、学習支援だけでなく、社会性や行動コントロールなどの課題を支援する支援計画をご提案しています。

お知らせ① 当施設内での検査実施について

現在(令和4年6月3日)、新規予約を受け付けております。また、3月に実施したお子様の結果については、ご報告の面談もほぼ終了しております。

 

検査のご予約をご希望される場合は、ご遠慮なくお申し出下さい。5月末現在、待ちは1か月程度です。

 

また実施できる検査はWISC-Ⅳ(7月以降はWISC-Vに切り換え予定)、KABC-Ⅱ等です。なお、検査実施についてご質問等ある方は、LINE、メール、お電話等でお申し出下さい。

お知らせ② 当施設内での検査の予約について

できるだけ早く検査を実施できるように、皆様にお願いです。

 

1)現在、弊社で抱えているテスター(検査者)は4名です。検査のスケジュールは、各テスターのスケジュールを見て組んでおります。申し訳ありませんが、皆様のスケジュールのご希望にお応えできるほど、多くのテスターが所属している訳ではありません。ご了承下さい。

 

2)検査日程は、こちらでまず枠を決めて、ご希望の皆さまへ日時の打診をする形にしています。この時に、ご了承を頂ければ早く実施できるのですが、ご都合が合わない場合は、次の機会に回さざるを得ません。大変申し訳ないのですが、調整できるスケジュール等は極力調整して頂くよう、ご協力をお願いできればと思います。皆さまのご希望をお聞きすると、どうしてもお待ち頂く期間が長くなってしまいます。今後は、他教室の検査依頼も受けていくことになります。まずは自教室で検査希望、または検査が必要だと判断するお子様を優先したいと思います。皆さまのご協力をお願い致します。

 

3)検査結果のご報告は、現時点では検査実施日から1か月程度頂いております。初回検査のお子様も多く、検査結果の精査に時間を要しているためです。医療機関様で実施する場合とは違い、教室の職員とも長時間の支援会議を重ね、検査の結果を実際の指導に生かすために長い時間を割いています。放デイならではの検査の生かし方をしていこうと考えております。皆さまのご協力をお願い致します。